未分類

家族の手術に立ち会って感じたこと。

こんにちは、おたふらです。

先日、母が入院をして手術をしました。

そこまで危ない手術というわけではなかったのですが、成功したのでひと安心しています。

いや〜よかったです

さて、みなさんはご家族か大切な人の手術に立ち会ったことはあるでしょうか?

僕自身持病があり(今は完治しています)、小さな頃から手術を何度も受けてきました。

手術室に運ばれて麻酔をし、3秒数えきる前に気づいたら病室のベッドの上。

そんなことは何度か経験しています。

ですが今回、生まれて初めて身近な人の手術を「待つ側」として経験しました。

頭では知識として、待つ側のつらさもわかってるつもりでしたが、実際にその立場を経験してみるのとはやっぱり違うものだなと、身に染みて分かりました。

僕が手術のときの家族も本当に辛かったろうなと思います。

今回、彼女は手術の立会いはせず僕だけで行きましたが、1ヶ月ほどは入院するようなので、また落ち着いた頃に彼女を連れてお見舞いに行くつもりです。

実は彼女のお父さんも似たような手術をしたことがあるらしいです。

経験してる分慣れているのか僕よりは落ち着いてましたが、彼女は母と凄く仲が良いのでそれでもやっぱり心配みたいでした。

僕が「心配しないでね」と話すと、「ううん、大丈夫。あなたの家族は私の家族。私も心配」と言っていました。彼女らしいです。

まとまりありませんが、とりあえずの近況報告でした。

みなさん、健康にお過ごしください!!