フランス

フランスのノエル(クリスマス)ってどんな感じ?本場の過ごし方をフランス人彼女に聞いてみた

こんにちは、おたふらです。

今回はフランスのクリスマスについて記事で書いていきたいと思います。

英語やカタカナだとメリークリスマスですが、フランス語では「 Joyeux Noël  (ジュワイユ ノエル)」といいます。

綺麗な響きですね。僕はこの Noël  がなんだか文字に雪が降っているみたいで好きなフランス語なんです。

フランスは生粋のキリスト教徒の国なので、クリスマスの本場です。そのため上であげた祝日など、日本のクリスマスとは違う部分も多くあります。

フランスならではなところも多いですが、いったいどんなところが違うんでしょうか?

彼女が教えてくれたので、簡単に書いていきたいと思います。

サンタクロースにプレゼント!?

日本では24日から25日にかけての夜、サンタクロースが子どもが寝ている間にプレゼントをくれますよね。

フランスでは24日の夜、子どもがクリスマスツリーの下にサンタクロースのためにクッキーとミルクを置いておきます。

サンタクロースはそのクッキーとミルクをおいしく食べて、その代わりにツリーの下にプレゼントを置いていく、という感じだそうですよ。

なんだか可愛いやりとりですね。

日本では枕元というのが一般的ですがフランスはクリスマスツリーの下に置いておくんですね。それも日本とは少し違うところです。

クリスマスには何を食べる?

フランス人は24日の夜に家族や親せきが一同集まって夕食会を開くことが多いそうです。

日本では、クリスマスといえば盛大にパーティーをするイメージもあるかもしれませんが(間違いではなく、実際にパーティーで盛り上がる人もたくさんいます)、フランスのクリスマスは家族と一緒に家でクリスマスディナーをたべて静かに過ごすというスタイルをとっている人も多いです。

外食にはいかず家で過ごすのが伝統的なクリスマススタイルだそうです。

クリスマス料理は、フォアグラやチキン、ホタテ、牡蠣、鹿肉や猪肉などのジビエ牛肉、ダチョウ肉などいろいろなごちそうが食卓を飾ります

そして忘れてはならないのが、クリスマスケーキですよね。

そう、『ビュッシュ・ド・ノエル』です

ビュッシュは日本語で言うと木(薪)、ノエルはクリスマスの意味です。今はもう日本でもそこらじゅうでこのケーキを目にしますね。

これもフランスの伝統的な食べ物になります。

クリスマスが嫌いな人も少なくない

クリスマスといえば、フランスをはじめとしたヨーロッパでは最も重要なイベント。みんな楽しみにしているように思えますが、フランスではクリスマスをよく思っていない人も少なくないようです。

クリスマスになると家族や親せきが一同に集まります。各々クリスマスプレゼントを持ち寄って交換し合ったりするわけですが、そのプレゼントの用意がかなり大変で、プレッシャーを感じる人もいるみたいですね

また、ホストとして迎える人は料理などの事前準備や後片付けなども物凄く大変で、それが毎年となるとクリスマスにうんざりする人も多いのはうなづけますね。

またキリスト教徒はクリスマスになるとミサに出かけます。そのキリスト教徒も、近年の、伝統とはかけ離れたクリスマスをあまりよく思っていない人も少なくないんだそうです。

また、クリスマスの翌日にはオークションサイトに大量のクリスマスプレゼントが出品されます。好みじゃないプレゼントは売られちゃうんですね、これ聞いたときは何かショックでしたね笑

<おわりに>

僕たち日本人は一番大きいイベントといえばやはり年末年始ですが、フランス人の彼女にとってのそれは「クリスマス」です。

そんな一大行事だけあって、彼女によるとフランスでは25日と翌日の26日は祝日なんだそうです。

僕はまだ、フランスで本場のクリスマスの雰囲気を味わったことがないので、いつかクリスマスシーズンにフランスに行って体験してみたいなと思っています。

フランスに住んでいらっしゃる方は、よかったらコメントでどんな雰囲気かですとか、フランスでのクリスマスのエピソードなどを教えてもらえたらありがたいです。

それでは!

ブログランキングに参加しています。もし少しでも「応援してもいいかな」と思ってもらえましたら、下のボタンをクリック↓してもらえると嬉しいです。