ゲーム

日仏国際カップルのおすすめゲームソフト25選【スーファミからSwitch・PS4まで】

こんにちは、おたふらです。

今回は、ゲーム好きな僕とフランス人彼女がおススメするソフトをご紹介していきます!

ゲームは好きですが2人ともすごく詳しいというわけではないので、まだまだ買っていないソフトもたくさんあります。なので、もし「このゲームも面白かったよ!」というようなのがありましたら、逆にコメントで教えてもらえると嬉しいです!

ちなみにかなりRPGが占めています(大好きなんです)。あと、見事に日本のゲーム(和ゲー)だけになってしまいました。

 

RPGに興味がない人や洋ゲーが好きな人にとってはだいぶ退屈な記事になるかもしれませんが良かったらみてください!

 

また、この記事では主にスーファミ、PS4、Switchが多めになっています(アイキャッチ画像はPS4とSwitchしか書いてませんが)。僕は3DSやXBOX、ファミコンなどは持っていなかったのでそれらの作品はすみませんが入っていません。はじめに断わっておきたいと思います。

それではいきましょう ↓

『大神 絶景版』


大神 絶景版 – PS4

フランス人の彼女が大好きなゲームです。

和風なBGMとデザインが大好きだそうです。「習字で書いたゲームみたいで凄く日本って感じ!!」と言っていました。彼女にとっての天照大御神は、今作の可愛いアマテラスとのことです。

アマテラスやスサノオ、ヤマタノオロチなど、日本神話や日本書紀、古事記をモチーフにした作品です。

 

僕は最初にPS2版をやりましたが、絶景版をやったときはその綺麗さに驚きました。この絵はぜひ絶景版でやってほしいと思います。

 

和風がテーマのゲームがやりたい人にも強くおすすめする作品です。

 

『クロノトリガー』


クロノ・トリガー(特典なし)

スーファミの傑作RPG「クロノトリガー」。僕はスーファミでやりましたが、PSやDSでも移植されています。

タイムトラベルをテーマにした作品で、過去ー現在ー未来を飛び回ります

人間だけでなく、ロボットやカエルなどの個性豊かな人外キャラも仲間に出来ます。ロボのエピソードは今思い返しても目頭が熱くなりますね。

「ドラゴンクエスト」の堀井雄二、「ファイナルファンタジー」の坂口博行、「ドラゴンボール」の鳥山明の三人が制作に関わった、まさにドリームゲームになります。これで面白くない訳がないですね!

『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』


大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL – Switch

おなじみのスマブラです!!

Switchで出た最新作では、総勢キャラ数は今では79名にもなるみたいですね。最近だとドラクエやバンジョーとカズーイから参戦しましたね。大興奮しました笑

 

小さな頃から、友達がきたときの定番ゲームでした。20代後半になった今でも、彼女とスマブラで遊んでいます(楽しいよね!!)

ただ個人的にはストーリーモード(?)はあまり面白く感じませんでした。僕たちはひたすら大乱闘モードで遊んでいます。

僕は「マルス」、彼女はどうぶつの森の「村人」をよく使います。どうぶつの森はフランスでもすごく人気みたいですよ。

 

『ヒカルの碁2』


ヒカルの碁2

「ヒカルの碁」は僕の好きな漫画ベスト3に入るのでもちろんこちらのゲームもやりました。小学生の時、友達がポケモンをやっていても僕はこのゲームばかりやってたのを覚えています。何度も何度も。

 

囲碁のルールがわからない人でもかなり楽しめると思います!!

 

『DEAD OR ALIVE 6』


DEAD OR ALIVE 6 – PS4

これは彼女のおすすめの格闘ゲームですね。フランスにいるとき親友とやりこんだらしいです。

 

僕自身はあまり格ゲーはやらないので、たまに彼女の相手をしてボコボコにされています笑

 

幻想水滸伝


幻想水滸伝

これは個人的に最も好きなゲームですね。

ジャンル的にはシミュレーションRPGになります。

 

中国四大奇書の「水滸伝」をモチーフにした作品で、世界にいる108星のキャラクターを仲間にしていきながら進めていきます。108人もの膨大なキャラを仲間にでき、しかもその一人一人のキャラ設定が非常に作り込まれているのがこのシリーズの魅力になります。

 

そして何より、仲間を増やしながら本拠地である自分の城を大きくしていくところがとても楽しいんです。子どもの頃の「秘密基地」のワクワク感とでも言いましょうか。何度やっても飽きません。

 

一般的には幻想水滸伝Ⅱの方が人気があるようですが、個人的には無印の幻想水滸伝の方が好きですね。Ⅱでは、無印の主人公を仲間として加えることが出来る点も大きな魅力になっているようです。

最もおすすめのゲームになります、ぜひやってみてください!!

マリオカート8 デラックス


マリオカート8 デラックス – Switch

マリオカートは鉄板ですね。

これも僕より彼女の方が全然うまいです。いつもボコボコにされています笑

ゼルダやどうぶつの森、スプラトゥーンなどからも参戦しています。

家族や友達、恋人などといつでもどこでも楽しめるゲームになります。

ちなみに余談ですが、池袋サンシャインでやった3Dマリオカートもめちゃくちゃ面白かったです。

ラジアントヒストリア


ラジアントヒストリア(特典なし)

これもクロノトリガー同様、タイムトラベルものの傑作です。

時間移動をすることで歴史改変をしていくストーリーが非常に濃厚です。主人公は「正伝」と「異伝」と呼ばれる2つの時間軸を移動しながら物語を進めていきます。

あまり有名な作品ではないかもしれませんが、とてもおもしろいのでやってみて損はないかと。

僕は3DSは持ってなかったのでやってませんが、「ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー」というリメイク版があり、評価も凄く高いので、今からやるならこのリメイク版をやった方が楽しめるかもしれませんね。

 

 

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド


ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド – Switch

世界は広い。その広い世界をどこまでも果てしなく駆けていける。

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドをやっていると、そんなことを感じます。

世界的評価も最も高く、2017年のゲームオブザイヤーに選ばれた今作は、自由度において他のゲームを圧倒しています。

 

フィールドを目的もなく走り回っているだけでも非常に面白いです。真夜中まで夢中でやりすぎて彼女に少し怒られたほど笑

この作品をやるためだけにSwitchを買うというのも全然ありだと思います。

ロマンシングサガ3


ロマンシング サ・ガ3

スーファミの頃からここまで自由度を追及したゲームはロマサガが筆頭だと思います。

たくさんいる主人公の中から好きな一人を選び、選んだキャラによってストーリーが変わっていきます。

ロマンシングサガシリーズといえば、「閃きシステム」。攻撃する中で新しい技をキャラが覚えていく独特のシステムですが、今作でも強い技をひらめいた時のカタルシスは半端ないです。

 

あと個人的に、実際にやってもらったらわかると思いますが、バトル画面での「風に吹かれてる感」が好きです。

「自分で好きなルート好きな順番で自由にストーリーを進めていきたい!」というかたには迷わずロマサガ3をおすすめします。

 

LITTLE NIGHTMARES(リトルナイトメア)


【PS4】LITTLE NIGHTMARES-リトルナイトメア- Deluxe Edition

これは僕も彼女も大好きなゲームです。船のようなところに乗り込んだらその中には・・・。

 

ホラーテイストですが、めちゃくちゃ怖いというわけではなく、ホラーが苦手な人でもちょっと無理すれば出来るくらいな感じです笑

また、ホラーだけではなくミステリー要素も入っており、逃げている時間内に謎を解きながら次の部屋次の部屋へと進んでいきます。

 

電気を消してやると、雰囲気がでて更に面白くなりますよ!!

 

2020年にはリトルナイトメア2が出るのが正式に発表されているので、僕も彼女も非常に楽しみにしています

ドラゴンクエストIV


アルティメット ヒッツ ドラゴンクエストIV 導かれし者たち

ドラクエ大好き人間としては、この4は外せません。

アリーナ、クリフト、トルネコ、マーニャといった個性豊かで人気も高いキャラが集まっている作品です。

広い世界で、一人一人のキャラがストーリーを追うごとに一点に集まっていく。点と点が線になっていく感覚はこの4ならではの魅力です。

 

また1つ章で、それぞれのキャラクターを扱うため、クリアする頃にはすべての仲間キャラに愛着を感じることでしょう。

ドラゴンクエストV


ドラゴンクエストV 天空の花嫁 (DQ VIII プレミアム映像ディスク同梱)

親から子、子から孫へと引き継がれる壮大なストーリー。

そして、ドラクエ主人公の中で最も悲惨な子供時代を過ごすことになる5主人公。

つらい過去を乗り越え、愛する人を見つけ、子どもが生まれ、どんどんと家族に囲まれ幸せになっていく主人公を見て涙を流さずにはいられません。

 

ドラクエ全シリーズの中で最も好きな作品です。

 

ドラゴンクエストXI


【PS4】ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

ドラクエをPS4で出来るなんて夢のようでした。

昨今、ゲームには自由度が非常に重視されるようになりました。

このゲームは、洋ゲーやゼルダの程の自由度はありませんが、ドラクエが好きな人はあまり自由度は求めていないようにも感じます。

自由度はなくとも、そこにはドラクエらしきキャラの掛け合いや愛着を感じる魔物、古き良きターンバトルがあります

 

ドラクエの過去作をやったことのある人はもちろん、初めてのドラクエに今作は非常にいい選択だと思います。

期待のはるか上をいった素晴らしい名作です。

ぼくのなつやすみ4


ぼくのなつやすみ4 瀬戸内少年探偵団、ボクと秘密の地図 – PSP

ぼくのなつやすみシリーズで一番好きなのが、この「ぼくのなつやすみ4 瀬戸内少年探偵団 「ボクと秘密の地図」」です。

シリーズおなじみの「ぼく君」が、瀬戸内海の島でひと夏を過ごします。海で泳いだり、カブトムシを探したり、夜の校庭を歩いたり。

 

更に今作でも井上陽水さんの「少年時代」が流れ、夏の楽しさと夏の過ぎ去りが感じられるゲームになっています。

オーディンスフィア レイヴスラシル


オーディンスフィア レイヴスラシル – PS4

大好きなヴァニラウェアが開発した、横スクロールアクションです。

ヴァニラウェアさんの作るゲームは、キャラの操作性が非常に優れていて、自分が思ったようにキャラを動かせるところが魅力です。

コマンドなどはわからなくても、適当に押しているだけで不思議とコンボがつながるんですよね。なので、あまりアクションが得意じゃない人でも楽しく進めることが出来るので、どんな人にもお勧めできるゲームになります!

ファイアーエムブレム風花雪月


ファイアーエムブレム 風花雪月 -Switch (『TCGファイアーエムブレム0』限定カード「士官学校の新任教師ベレト」 同梱)

これも「幻想水滸伝」同様、シミュレーションRPGですね。

本作は第一部と第二部に分かれています。第一部は魔法学校の教官として、生徒たちを育成し新密度を深めていきます。そして成長していった生徒たちとミッションに挑戦していく形式になっています。

 

魔法学校では3つの学級から一つを選び、基本的にはその学級の生徒たちとともにストーリーを進めていきます。

第二部では魔法学校を離れていった生徒たちが・・・。ここはお楽しみですね笑

 

マップはもう少し作り込んでくるかなと期待していましたが、そこはあんまりという感じでした。しかし、戦略性のあるバトルはやはりファイアーエンブレムシリーズだけあって天下一品。というか、本作はシリーズ最高傑作だと僕は思っています。

人によってはギャルゲー要素が好きじゃないかもしれませんが、シミュレーションRPG好きは買って損はないゲームだと思います!

進撃の巨人2 Final Battle


進撃の巨人2 -Final Battle – PS4

これは進撃の巨人が大好きな彼女がドハマりしたゲームです。

正直グラフィックはかなりドンマイですが、進撃の巨人の世界を自由に飛び回れる感覚は確かに非常に面白いです。

ストーリーは、原作を追っていく感じで進行していきます。

バトルは少し単調ですが、後半はかなり難易度もあがりるのでやりごたえがあります。

ワギャンパラダイス


ワギャンパラダイス

何度も何度もやりました。

横スクロールでワギャンが声で敵を倒していきながら進めるゲームです。

めちゃくちゃ面白いかと言われると、そこまででもないのですが、僕の思い出が詰まったゲームなので少し思い出補正で入れさせてもらいました。

でも、やってみるとハマります笑

NieR:Automata(ニーアオートマタ)


ニーア オートマタ – PS4

物寂しくも美しい、儚げだけど力強い。

そんな物語です。

この作品を始めたときは正直あまり面白くなかったんですが、あるエピソードまで進めたときに、「これは今までにやったことのないタイプの作品だ」と感じたんですよね。

今作には様々な機械仕掛けの敵が登場します。その中で、敵は何を持って敵となるのか、ロボットやアンドロイドと人間の境目はどこにあるのか、そんな哲学的問いかけを作中様々なところで製作者から投げかけられている気持ちになりました。

グラフィックも最高に美しいです。

そして何より音楽が素晴らしい。とくに「壊レタ世界ノ歌」はいつまでも聞いていられる美しい曲になっています。(ちなみに「壊レタ世界ノ歌」はフランス語バージョンもありますよ)

個人的にはPS4で最も買って良かったソフトでした。PS4で一番おすすめします

イースI・II エターナルストーリー


イースI・II エターナルストーリー

イースシリーズは間違いなくⅡがおもしろいと思っています。

相手にぶつかりながら戦うバトル形式が新鮮でした。

ストーリーも面白く、何よりヒロインが可愛い笑

リリア派とフィーナ派にわかれるのは有名ですが、僕は断然フィーナ派でした!

そしてイースⅡといえば、オープニングムービーの制作に、「秒速5センチメートル」や「君の名は」の新海誠監督が関わっているんですよね。

イースシリーズでは、VIIも評価が高いですが、個人的にはこの「イースI・II エターナルストーリー」をおすすめします。

テイルズオブディスティニー


テイルズ オブ デスティニー ディレクターズカット 豪華プレミアムBOX

テイルズシリーズからはデスティニーを選びました。

テイルズの全シリーズの中でも最も人気があり、人気投票では殿堂入りまでした「リオン」が登場するのはこの作品になります

マップ移動の時にひっかかりやすく前に進みにくいというのは少しストレスですが、そんなものはストーリーを進めるうちに気にならなくなります。

一人一人のキャラはそれぞれ自分の正義を持っており、すごく感情移入しながらストーリーを進めることが出来ます。

感動的な場面も多く忘れられないゲームになると思います。

「闇の炎に抱かれて馬鹿なッ!!」

朧村正


朧村正 (特典無し) – PS Vita

こちらも「オーディンスフィア」と同様、バニラウェアが得意とする横スクロールアクションですね。

僕はこのゲームのためにPSvitaを買いました笑

オーディンスフィアの和風版とでも言いましょうか。西洋風のオーディンスフィアとは対照的でこちらも非常に美しいグラフィックです。

侍、忍者、妖怪などが出てくるので、外国人受けが良さそうなゲームでもありますね。

スーパーマリオオデッセイ


スーパーマリオ オデッセイ – Switch

これは彼女が大好きなゲームです。ドハマりしたらしくずっとやっていたので、プレイ時間が結構なことになっていました笑

マリオシリーズだけあって、友達や恋人とやっても非常に面白い作品ですね。

本作は、帽子を投げて敵キャラに当てることで、当たったキャラが操作できるようになることもあるようです。ニューヨークのような街をマリオが駆け抜ける光景もなんだか面白いですね。

 

一つ一つのステージが繊細に作り込まれており、一度クリアしたステージでも何回やっても楽しく遊べます。

ペルソナ5


ペルソナ5 – PS4

3あたりからスタイリッシュなRPGとして有名になったペルソナシリーズ。

女神転生の頃とは全く色が変わりましたが、今作も期待以上のクオリティーになっています。

舞台は東京で、渋谷などの実際の街をキャラを操作して散策するのも楽しいです。

動作アクションも相変わらず厨二心を刺激する感じで、ジャズ音楽とも最高の相性に仕上がっています

<おわりに>

さて、いかがだったでしょうか?

興味をひかれるゲームはありましたか?

やっぱり友達と恋人と遊ぶなら、任天堂は強いですね。

やっぱりかなりRPGに偏った記事になってしまいましたすみません笑

みなさんのおすすめのゲームがあればぜひコメントで教えてくださいね。

それでは!!

ブログランキングに参加していますので、もし少しでも「応援してもいいかな~」と思ってもらえたら、クリック↓してもらえると嬉しいです!!